2 最速で口座開設できる暗号資産貨取引所ディーカレットがおすすめな理由


ビットコインに代表される暗号資産は、短期間の間に価格が変動するため、価格が下落している時には今すぐに始めたいと思う方もいるのではないでしょうか?ただ、多くの暗号資産取引所は口座開設までに2~3日かかることが多いので、口座開設をしている間に相場が大きく変動してしまい、チャンスを失ってしまうこともあります。そこで今回は、最速で口座開設をすることができる暗号資産取引所である「ディーカレット」のメリットについてご紹介していきます。

 

暗号資産取引所「ディーカレット」とは?

暗号資産取引所の1つである「ディーカレット」とは、2018年1月に設立された株式会社ディーカレットという会社が運営している国内仮想通貨取引所です。国内で知名度の高い暗号資産取引所であるGMOコインやDMMビットコインの設立が2016年なので、その2社と比較すると新しい取引所であると言えます。ディーカレットは、日本の大手企業である伊藤忠商事やJR東日本からも出資を受けているので、信頼度の高い企業と言えます。

暗号資産取引所「ディーカレット」のメリット

では、ディーカレットを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?具体的に利用してみるメリットを、他の暗号資産取引所と比較しながら見ていきましょう。

取引所と販売所がある

暗号資産の取引をする業者の形態は、「取引所」と「販売所」の2つが用意されています。この2つには大きな違いがあるので、理解せずに口座開設をしてしまうと、自分の思ったような取引ができない場合があります。ただ、ディーカレットには取引所と販売所の両方が準備されているため、どちらの取引も行うことができる仕様となっています。そのことによって、その時に必要な取引を自由に行うことができる環境が整えられています。他の暗号資産の業者と比較してみると、bitFlyerやGMOコインは両方用意されていますが、Coincheckは取引所のみ、DMMビットコインは販売所のみとなっています。
ではここからは、取引所と販売所の違いについて見ていきましょう。

仮想通貨の販売所

販売所とは、個人が業者と暗号資産の取引をする形態となっています。取引所では、業者が指定してきた金額で個人は売買を行います。そのため、いつでも手軽に取引をすることができますが、手数料が高めに設定されているので取引回数が多くなると大きな金額を引かれてしまう可能性もあるでしょう

暗号資産の取引所

取引所とは、取引所に登録しているユーザー同士が売買を行うという手法です。取引所は仲介という役割を果たしてくれる場所ということになります。そのため、手数料がかなり安くなっているという点が大きなメリットです。デメリットとしては、取引所では個人間の取引となっているので、自分のほしい銘柄が見つからないことがあったり、思った価格で購入できないという場合があることです。

大手企業が株主となっている

株式会社ディーカレットは、さまざまな大手企業が出資をして株主になっている企業です。例えば、第一生命保険株式会社や三井住友銀行、KDDI株式会社が参画しています。そのため、ディーカレットは新しい会社ですが信頼度はかなり高いと言えます。

スマホアプリで取引ができる

ディーカレットでは、スマホアプリで取引ができる仕様となっています。暗号資産の取引を行いたい方でPCを持っていないという方もいるでしょう。そのような方でもスマホアプリで気軽に取り組むことができます。アプリも初心者でも使いやすい仕様となっているため、誰でも気軽に取引を始めることが可能となっています。

電子マネーのチャージが可能

ディーカレットでは、暗号資産から電子マネーをチャージできるようになっています。これまでは、暗号資産は法定通貨ではないので、電子マネーに変換することはできませんでした。しかし、ディーカレットでは楽天Edy、nanako、au WALLETの3つであれば1000円以上の金額を現金感覚でチャージして使うことができます。これはかなり便利で画期的なサービスだということで、注目を集めています。3000円以上の金額をチャージする場合であれば、手数料も無料となっているのでかなりお得です。

基本手数料は無料

ディーカレットでは、取引所・販売所ともに手数料が無料となっています。ただ、取引の際には購入金額と売却レートの差であるスプレッドの負担がかかります。他のところと比較してみると、GMOコインは取引所が0.01~0.05%、販売所がスプレッドとなっており、DMMビットコインでは販売所がスプレッドとなっています。
また、入金手数料に関してもディーカレットでは入金が無料で出金が275円となっています。良心的な価格設定となっているので、かなり利用しやすいでしょう。

レバレッジが4倍

ディーカレットでは、レバレッジ取引が可能となっています。レバレッジとは、日本語でてこの原理のことなので、今持っている資産以上の金額で取引を行うことができます。ディーカレットでは、レバレッジを4倍まで使うことができるようになっているので、より効率的な取引が可能となっています。レバレッジを準備していない取引業者も多くありますので、この点は大きなメリットでしょう。

売り(ショート)からスタートすることもできる

暗号資産の取引では、相場が下がっている時に安く買って相場が高くなった時に売ってその差額を儲けるという方法が主流となっています。しかし、ディーカレットでは価格が高い時に売りからスタートすることもできます。この手法をとれることによって、どのタイミングでも利益を出すことができます。

ディーカレットの口座開設方法

では、ディーカレットを利用したいと思った場合、どのような手続きを行えばよいのでしょうか?具体的な口座開設方法についてご紹介していきます。

公式ページより新規登録

まずはディーカレットのHPから新規ゲスト登録を行います。そのために必要なのは、メールアドレスとパスワードとなっています。登録を行うと、その際に入力したメールアドレスに対して本人確認コードが送られてくるので、その6桁のコードを入力して認証をクリックして行えたら、ゲスト登録は完了です。

ベーシックアカウントを登録

ゲスト登録を行ったメールアドレスとパスワードでログインをすると、口座開設ができるようになります。口座開設の際には個人情報の入力が必要となります。入力が完了すると電話番号と個人情報の確認を行うステップがありますので、本人確認の書類を提出します。ベーシックアカウントの手続き自体は5分程度で完了します。

すぐに口座開設完了

個人情報をアップすると、社内審査に移ります。審査の時間は1~2営業日ほどで完了します。審査完了のメールが届けば、口座開設完了です。「スマホで本人確認」という方法を行った場合、最短で翌日に口座開設が完了しますので、早く取引をしたい人はこの手法を選択しましょう。

まとめ

いかがでしたか?暗号資産の取引所であるディーカレットは新しい企業ではありますが、大手企業が株主となっており信頼できる会社です。その上、さまざまなサービスを行っていて利用しやすい取引所ですし、口座開設も最短翌日に完了するという早さを誇っています。そのため、ぜひこれから暗号資産を行いたいと思っている方はぜひディーカレットで口座開設をしてみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。