46STICPAY(スティックペイ)は仮想通貨で入金・出金・両替と非常に便利


STICPAY(スティックペイ)は海外FXやオンラインカジノ等で簡単に入出金できる便利な決済サービスです。ビットコインで入金や出金もでき、そのアカウント上で日本円に交換も出来ます。そしてそのまま海外FX業者などに入金できトレードがすぐに可能です。スティックペイとFX業者間の手数料は無料です。クレジットカード入金された資金をそのまま仮想通貨出金される場合、承認不可となるので注意。

STICPAYは仮想通貨の入金、出金ができ両替も出来る

STICPAY(スティックペイ)では仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン)の入出金が可能で日本円などの通貨に両替も出来ます。そのまま両替すればFXで仮想通貨入金に対応していない業者でもスティックペイで日本円に両替して送金(入金)できます。現在bitwalletには出来ない機能ですので重宝します。

STICPAYの登録は簡単

住所を英字で記入する必要が面倒な所ではないでしょうか?

入力フォームに日本語で記入して、「実用的に変換」をクリックするだけで簡単に英字住所が出来上がるのでこのサイトだけ覚えておけば便利です。

>> 英字住所を作成する

登録手順は3ステップ

STICPAYの登録は下記の手順を踏めばいいだけです。

  1. 口座開設ページに行く
  2. 必要情報等の記入し、規約などすべて同意し、最後にマウス等で名前(署名)を書きます。
  3. 電話番号の認証(認証コード入力作業)

以上で登録は完了で早い人で3分ほど登録完了できます。

必要提出書類

居住証明書

ご入力住所と居住証明書の住所が一致する場合に限り、承認されます。

(公的機関より発行されたもので住所、お名前、3ヶ月以内の発行日、発行機関名が確認出来る書類が対象です。)

3か月以内に発行された水道、電気、ガス、電話料金、銀行・カード取引明細書、

認可された公共機関から発行された文書のうちいずれか1つアップロードする必要があります。

身分証明書

身分証明書の両面写真をアップロードしてください。

パスポート

マイナンバーカード(両面をアップロードしてください)

運転免許証(両面をアップロードしてください)

2段階認証

STICPAYではアカウント保護のため2段階認証設定の必須です。

Google OTPメールアドレスSMS認証の中からお好きな方法を1つ選びます。

デメリットはSticpayアカウントから自身の銀行口座への出金手数料

出金方法 着金 時間 手数料
国内銀行出金 2営業日 2.5%+600円
ビットコイン(仮想通貨) 1営業日 1%

Sticpayのデメリットは出金手数料が高いことです。

そのためbitwallet対応のFX業者であればわざわざSticpayを使いません。しかし、bitwallet非対応のFX業者やオンラインカジノは多数あるのでSticpayでの出金にかかる手数料は仕方ありません。

海外FX業者Tradeviewでは入金をSticpayで出金をbitwalletで可能です。

こういうったFX業者であれば意外と手数料を気にせずに済みます。

国内銀行への出金手数料を抑えたい人はTradeviewへ一度入金し、資金を減らさない程度トレードしてbitwalletに出金する方法で手数料を抑える方もいます。

Sticpay非常に便利なサービスなのでbitwalletやFX業者をうまく利用すれば手数料もあまり気にせずに使用できます。

STICPAY(スティックペイ)の登録はこちら

bitwalletをお持ちでない方はこちら

Tradeviewの新規口座開設はこちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。